岐阜県

新善光寺(大垣市)
岐阜善光寺(岐阜市)
関善光寺 宗休寺(関市)
如来寺(大垣市)
善慧寺(加茂郡八百津町)
来昌寺(美濃市)

静岡県

新善光寺(静岡市)
大乗寺(御殿場市)
千手山普門寺・静岡善光寺(掛川市)

愛知県

善光寺(名古屋市東区)
善光寺(名古屋市中区)
善光寺(名古屋市港区)
瑞光寺(名古屋市名東区)
善光寺(瀬戸市)
善光寺東海別院(稲沢市)
願王寺(名古屋市西区)
甚目寺(海部郡甚目寺町)
九品院(岡崎市)
満性寺(岡崎市)
菩提寺(安城市)
善光寺(名古屋市名東区)
善光寺堂(豊田市)
高田寺(北名古屋市)
坂部善光寺(豊明市)
刈萱寺(稲沢市)
天然寺(江南市)
三河善光寺(岡崎市)
飛島善光寺(海部郡飛島村)

三重県

善光寺(四日市市)
柘植善光寺(伊賀市)
観音寺(鈴鹿市)
専修寺(津市)
お問い合わせ
トップへ戻る

善光寺(ぜんこうじ)◎浄土宗

〒461-0003 愛知県名古屋市東区筒井1-14-30 電話052-935-3148 

往古、信濃国伊那郡小泉村にあった本田善光は、摂津国波浪の堀江にて得た三国伝来の阿弥陀如来を負って、本国信濃国へと向かわれました。途中、尾張国黒田村(現愛知県葉栗郡木曽川町大字黒田の該地に「善光寺旧跡」なる石碑がある。)に宿った夜、庭に荒薦を敷き、その上に如来を安置して臥したところ、夢中において如来は善光の労をあわれみ、「この地に吾が像をうつし刻みたる像をまつるべし」といわれ、善光を負って信濃まで飛び給われました。善光は、この一夜の夢の告により、自ら一光三尊阿弥陀如来を刻み黒田の庄に当寺を建立したといわれます。
足利義満将軍の時代、嘉慶2年(1388)黒田合戦により当寺は廃滅し、愛知郡名古野村(現名古屋市西区幅下町)に移転したところ、慶長遷府の折(家康の九男、徳川義直が尾張藩主となり慶長15年城を清州より名古屋に移転した時)、名古屋市東区七小町(当時東寺町という)に移されました。太平洋戦争の空襲により焼失し、昭和28年(1953)に至り戦後復興のため現在地に移り、本堂、庫裡を全部新改築して本格的復興をみました。

 見どころ
本堂 本尊一光三尊阿弥陀如来(2階)
主夜神
句碑(中野萩蔭斎)
 参拝時間
随時
 拝観料
無料
 ご朱印
 行事
盂蘭盆施餓鬼会
本サイトに掲載されている文章・画像等、全てのデータの無断転載はご遠慮ください。
2009 © Zenkoku Zenkojikai All rights reserved.