京都府

福應寺(京都市山科区)
清水寺(京都市東山区)
得浄明院(京都市東山区)
龍雲寺(京都市伏見区)

滋賀県

西教寺(大津市)
新善光寺(栗東市)
善水寺(湖南市)
東雲寺(長浜市)
傳光院(守山市)

奈良県

向原寺(高市郡明日香村)

大阪府

善光寺(八尾市)

和歌山県

報恩寺(田辺市)

兵庫県

善光寺(洲本市)
時光寺(高砂市)
善光寺(相生市)
お問い合わせ
トップへ戻る

時光寺(じこうじ)◎浄土宗西山禅林寺派

〒676-0813 兵庫県高砂市時光寺町12-18
電話079-447-1134 FAX.079-447-4439 

建長元年(1249)開山時光坊の信願により阿弥陀如来を海中より引上げ、これを本尊として曽根村に一宇を創建し時光寺と名づけた。これが当寺のはじまりである。その後本尊より放光の奇瑞あることが後嵯峨上皇のお耳に達し、建長6年(1254)勅願寺となり北原の地十余町を寄進された。文永10年(1273)現地に移った。そのため北原の宿が阿弥陀の宿と改められた。<<阿弥陀の地名起源である。>>
延元年間(1336〜1340)足利氏の兵火に罹り再び堂宇悉く焼尽。暦応4年(1341)尊氏の命によって再建。その後、豊臣氏の天正の兵乱(1580)で再び堂宇悉く焼失し寺産も失う。
慶長13年(1608)に領主、池田三左衛門輝政により現在の本堂が再建された。
慶安元年(1648)には三代将軍家光より寺領二十石の御朱印を下賜された。元禄年間(1688〜1704)福泊村三木七左衛門の寄進により開山堂再建。寛政3年(1791)12月楼門の再建。天保3年(1832)本山より小本寺格に列せられ、末寺十ケ寺、塔中五ケ寺を統べたという。現在、浄土宗西山禅林寺派に属す。
明治期に至り、日清、日露の戦没者追悼のため大仏建立を発願、同40年(1907)5月15日に開眼供養。平成元年本堂大屋根改修工事を行なう。
開山以来43代の法灯を伝え、堂宇十余棟、寺宝什器多数を蔵し、境内一町歩余、老樹繁茂し古来人呼んで「播州善光寺」と称する名刹である。年中行事は勿論のこと、平素から納骨参拝の善男善女が多い。

 見どころ
全国にめずらしい「阿弥陀町阿弥陀」という地名。法然上人、西山上人、時光上人と続く浄土宗全盛時の寺院である。
 参拝時間
夏季 午前6時〜午後6時
冬季 午前7時〜午後5時
 拝観料
無料 信徒会館利用のみ有料
 ご朱印
有 海中出現阿弥陀如来(西方四十八願所 第47番札所)
 その他
大型バス駐車場有り
 行事
1月1日 初詣
3月15日 涅槃会
3月春分 春彼岸会
5月8日 花まつり
5月15日 大仏会式
7月25日 大般若会
8月15日 盂蘭盆施餓鬼会
9月15日 開山忌
9月秋分 秋彼岸会
11月15日 お十夜会
毎月15日 お会式
毎月21日 弘法大師会
随時 納骨
本サイトに掲載されている文章・画像等、全てのデータの無断転載はご遠慮ください。
2009 © Zenkoku Zenkojikai All rights reserved.